公益社団法人 全国運転代行協会 Japan Driving service Association JDA
飲酒運転の根絶が私たちの願いです 飲酒運転による交通事故は、被害者側はもちろん、加害者側にも取り返しのつかない大きな損失を与えます 運転代行業が真に交通安全に資する産業となるべく、飲酒運転を抑止するための活動を展開しています

【茨城県支部】年末の交通事故防止県民運動街頭キャンペーン参加

令和4年11月30日(水)年末の交通事故防止県民運動街頭キャンペーンが土浦市役所うらら大屋根広場にて行われました。

運動期間:12月1日(木)~12月15日(木)

公益社団法人全国運転代行協会監事(茨城県支部長)並びに、一般社団法人茨城県運転代行協会 中山一夫理事長はじめ、県協会 大川寿哉県南支部長、他支部会員が参加いたしました。

安藤真理子土浦市長、薗部修土浦警察署長の挨拶のあと、100名以上の参加者が土浦市役所、土浦駅周辺で、歩行者、自動車運転手、自転車運転手等に、交通安全啓発グッツを配布いたしました。最近、土浦署管内(下高津)でも交通死亡事故が起きており、慌ただしくなる年末、年始に向けて協会会員も交通安全を参加者皆様と共に呼びかけました。

「大丈夫 そんな油断が 命取り」スローガンに

重点項目

・夕暮れ時と夜間の交通事故防止

・子供と高齢者の交通事故防止

・飲酒運転根絶

茨城県は飲酒運転による死者数(令和4年9月末)全国ワースト3位で、事故発生件数62件もあります。年末・年始はお酒を飲む機会が多くなります。飲酒運転は、単なる交通違反ではなく、悪質な犯罪です。一人ひとりが「飲酒運転を絶対にしない、させない」という強い意思を持ち、飲酒運転を根絶しましょう。

運転代行はお酒を飲んだお客様を安全にご自宅まで送り届ける大きな社会的な役割を担っています。必ずお酒を飲んだら運転代行をご利用ください。

(公社)全国運転代行協会 茨城県支部の報告から

当協会では年2回程度
機関紙を発行しています
JDAニュース No.118
令和4年7月29日発行
PDF形式のファイルを
ご覧いただくためには
Adobe Readerが必要です
Adobe Reader
この号の詳細バックナンバー
優良運転代行業者評価制度 公益社団法人 全国運転代行協会 公式フェイスブック 運転代行業関連参考資料 行政処分公開情報

全国の会員事業者 当協会会員の都道府県別一覧です

会員事業者 北海道会員事業者 東北会員事業者 関東 会員事業者 中部会員事業者 近畿会員事業者 中国 会員事業者 四国会員事業者 九州会員事業者 沖縄
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町9-7 兜町第一ビル
電話番号:03-3668-2788 FAX:03-3668-2789